まろやかな味で苦味なく少しクセがあっても飲みにくさはない青汁

夏の間だけ、朝に柑橘系を食べるのをやめました

オレンジやミカンなどの柑橘系が好きなので、1年間を通して、朝食時にオレンジジュースを飲んだり、
グレープフルーツやミカンなどのフルーツを食べていたのですが、あるネット記事を見てから、夏の間だけ
柑橘系を朝食で摂るのをやめました。
フルーツ全般が好きなので、朝は他のフルーツを、柑橘系は夕食後に食べるようにしています。
なぜ夏の間だけやめたかというと、その記事によると、ソラレンという物質を含む食べ物は、
食後に紫外線を吸収しやすくする効果があるので、日差しの強い夏の間は、食べてすぐに紫外線を浴びる場合は特に、
食べない方が良いということでした。こちらをスキンケア、ダイエット←みてね。

 

その、ソラレンという物質を多く含むのが、主に柑橘系フルーツだったのです。
具体的には、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系、キウイやイチジクです。
それ以外でも、きゅうりやじゃがいも、セロリやシソの葉に多く含まれるので、朝は摂るのをやめています。
せっかく日焼け止めを厚塗りしても、紫外線を吸収しやすくする食べ物を摂ったら逆効果。もっと早く知りたかったです。